にわかから始まる趣味のススメ

にわかに“面白かった”ことを写真とともにお届けしていきます。

道具で楽しむ自炊生活

f:id:PE110:20200530014723j:plain

緊急事態宣言も落ち着きつつあって、これから徐々に日常を取り戻しつつある(?)今日この頃ですが、前々回のブログでも書いたように、この緊急事態宣言をきっかけに自炊を復活させて、テレワーク中は仕事そこそこに「今日は何を作ろうか」ばかりを考える日々を過ごしていました。

pe110.hatenablog.com

 ▲新調したトングがすごかったって話です。オススメです

 

こうして自炊を復活させたのも、単純に買い食いによる出費がもったいないという話だけではなく、料理の写真も撮りたかったから。ちゃんとそれなりに綺麗に。

自分が食べること以外に何か目的がないとモチベーションが維持できないなと思ったんです。

 

だから、肝心な食材よりも調理道具や撮影道具への欲求が高まってしまい、
・鉄フライパン
・アルミフライパン
・トング
・まな板
・土鍋(ご飯炊き用)
・食器類複数(主に100均)
・ランチョンマット数枚
・レフ板
・ブームスタンド

などを次々購入。
ちなみにこれらがなくても料理はできたし、写真もまあ撮れました。むしろ、写真撮るのが目的なんだったんだからクオリティを高めるものをもっと買えよって話ですよね(笑)。

そしてついにこいつを購入。

f:id:PE110:20200530014813j:plain

包丁です。

包丁は持ってます。4、5本。
ただ、もう学生時代に買った安物だったり、実家から送られてきた切れるけど刃こぼれしているやつだったりするので、せっかくだから買っとくか! 的な。

 

僕の記憶が確かなら、包丁ってガチなものは金物屋さんなどの専門店で、安物はホームセンターないし100均で買うもので、食材がくっつきづらいように穴が空いているはずなのにそれなりにくっついてくる包丁セットをホームセンターで買ったものをずっと使ってきたんですが、今はもう通販とかでも良さげで割安なものがたくさん売っているんですね。

 

色々調べて、めちゃめちゃ悩んで買ったのがこのひと振りでした。

f:id:PE110:20200530014749j:plain

▲刻印入り。包丁としてはかなり有名なところ…だと思う

f:id:PE110:20200530014905j:plain

f:id:PE110:20200530014853j:plain

▲箱入りで錆止めの袋に包まれて入っていました。あまり高いものではないのでブリスター入りだとばかり思っていたらこうだったのでちょっとテンション上がりました

f:id:PE110:20200530014827j:plain

▲ちなみにペティナイフです。刃渡り15cm

ペティナイフも持ってはいるんですが、刃渡り9cmの果物の皮むきが主戦場みたいなタイプしかなかったので、小回りが利きつつメインも張れる15cmクラスのものが欲しかったんです。

あと、小ぶりの包丁でササっと食材を切ったりするの、なんかかっこよくないですか?

f:id:PE110:20200530014923j:plain

▲これまで使ってきた包丁たち。ほぼ一番右しか使ってませんでした

f:id:PE110:20200530014840j:plain

岐阜県は刃物で有名な関市のメーカー「兼松工業」がリリースする業務用包丁。

ちなみにこの包丁、「日本鋼」なんです。

包丁って大概ステンレスか、おままごとに使いそうな見た目のセラミック製で、鋼は出刃包丁とか柳刃包丁とかそういう日本古来の包丁に主に使われているものみたいなんです。

 

鋼の包丁は切れ味が良いけれど、取り扱いが悪いとすぐ錆びたりします。あと割高ですね。安い包丁で鋼のものはあんまり見たことがないです。

ステンレスは、そうした鋼の包丁のデメリットを克服したもので、ラフに扱いやすくてサビづらい。かつては切れ味はやっぱり鋼だと言われてたみたいですが、最近はいろんなステンレスを使ってすんごいものも出てきています。「世界一切れる包丁」もステンレス。

セラミックはあんまり興味がないので調べていないですが、ステンレスと同じ感じかな? なんか変わった形のものが多いです。

 

明らかにステンレスやセラミックの方が使い勝手がいいのに、あえて鋼の包丁を選んだのは、手間がかかる方が大事にするかなと思ったから。

革靴と同じで、自分だけの1本になってくれそうな気がしたからです。

 

そのためにこんなのも買いました。

f:id:PE110:20200530014736j:plain

砥石です。

 

砥石メーカー(?)としてはおなじみらしい、キングというメーカーのものになります。

 

本当はシャプトンの「刃の黒幕」というものが欲しかったんですが、このご時勢だからかずっと欠品。
「刃の黒幕」シリーズは愛用者も多くて評判も良く、いろんなもので包丁を作っているYouTuberの「圧倒的不審者の極み」さんが使っていることでも知られています。

 

刃付けと中研ぎを兼ねた800番と仕上げの6000番がセットになったもので、包丁研ぎ初心者の自分には充分かなと思ってこれにしました。

 

包丁とともに砥石も買っておいて功を奏したというか、この類の包丁って買ったばかりだとホント切れなくて、ちゃんと切れるようにまず研ぐところからスタートする必要があります。

 

で、いきなり買ったばかりの包丁を研ぐのも勇気がいるので、持ち合わせの包丁で練習。

f:id:PE110:20200530015000j:plain

▲これが…

f:id:PE110:20200530014937j:plain

▲こう!

ネットの情報や動画を参考にやってみると意外とできる包丁研ぎ。見違えるほどに綺麗になりました。

f:id:PE110:20200530014914j:plain

▲これが一番綺麗に仕上がったかも

もちろん見た目だけでなく切れ味も見違えるものになったので、包丁買わなくても砥石はぜひ買っておいた方がいいです。
よくコロコロ転がすシャープナーってのがありますけど、あれは瞬間だけ。あと使いすぎると刃がボロボロになるようで、僕の包丁も細かい刃こぼれが付いていました。そんな刃こぼれも研ぐことでかなり軽減されました。

 

ふと復活させた自炊なのに、道具を買いあさりいよいよ包丁まで研ぎだし…男が料理を始めた時のダメな部分全開ですね(笑)。
でも、やっぱり道具にこだわると使い勝手はいいですし、料理作るのも楽しくなります。

 

テレワークが少なくなり自炊する機会は減りそうですけど、道具のおかげで続けていけそうな予感…。

 

続けられたら、買い足したキッチン用品のことや、包丁の研ぎ方もブログにしていきたいですね。

f:id:PE110:20200530101612j:plain

f:id:PE110:20200530101754j:plain

f:id:PE110:20200530101807j:plain

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村テーマ カメラと一緒にへ
カメラと一緒に

にほんブログ村テーマ 「☆☆写真ブログ☆☆」へ
「☆☆写真ブログ☆☆」

写真素材のピクスタ

引き出物から始めるシューケア生活のすすめ

f:id:PE110:20200517203431j:plain

サフィール」ってメーカー、知ってますか?

多分革靴が好きで手入れする人だったらまず知ってる、シューケア用品を多数リリースしているメーカーさんですね。

 

意外とシューケア用品って揃えようと思うとコストがかかるんです。
靴クリームも一つ平均1000〜2000円くらい? 靴クリームだけでなくブラシも基本的には色ごとに使い分けないといけないので、革靴に多い黒、茶色そしてオールラウンドな無色を揃えれば3倍かかるというわけです。

僕は、黒系と無色の2色構成にしています。茶色にもいろいろあるし、赤系のものも持っていたりしてキリがないので、その辺りは無色で全部カバー。

 

100均でもそういった類の商品って売ってはいるんですけど、数万円の靴を履いておいてケアは100均っていうのもちょっと貧乏くさくないですか?(笑)。モノは所詮一緒ですよ、と言われてももはやこれは気持ちの問題。

 

なので、それなりのメーカーのものを使うのですが、その中でもサフィールは若干高め。好みもあるのでなんとも言えないですけど、基本的に評判もよく、靴磨きを生業にしている人たちの中でも使っている人は非常に多い印象です。

f:id:PE110:20200423023712j:plain

▲先日導入した「クレム1925」はサフィールの鉄板商品の一つ。使う人が使えば艶やかな仕上がりになることでおなじみ

f:id:PE110:20200423023812j:plain

▲クレム1925は先日購入したレッドウィング 101 ポストマンのプレメンテにも使いました


pe110.hatenablog.com

 

先日、妹の結婚式の時にもらった引き出物のカタログをそろそろ選ぼうと眺めていたら、まさかのサフィールの靴磨きセットが…!? 結婚式のカタログのやつって、もうガチで選び出すとキリがないじゃないですし、いい機会なのでチョイス。

で、届いたのが冒頭の写真というわけです。

f:id:PE110:20200517203252j:plain

▲パッケージがメーカー仕様だとちょっと嬉しいですよね。なんとなく捨てにくいのがアレですけど

f:id:PE110:20200517203320j:plain

▲缶の容器に入っています。実はこれが決め手だったりしました。シューケア用品って専用のケースが売っているようで売っていなくてバラバラしがちなんです。デザインも豪華

f:id:PE110:20200517203334j:plain

▲開けるとこんな感じ

f:id:PE110:20200517203346j:plain

▲汚れ落とし。軽い汚れに対応したもので、綺麗にすると同時に革に栄養も与えるとか

f:id:PE110:20200517203409j:plain

▲靴クリームは普通のグレードではあるものの、容量は一般商品と変わらないですね。靴クリームはあるに越したことはないので良し!

f:id:PE110:20200517203419j:plain

▲布です。クリーナータイプでちょっとモコついたやつ。磨き上げる時に使いたいですけどちょっともったいない

f:id:PE110:20200517203356j:plain

▲ブラシ関係。サフィールのブラシってちょっとお高めなので、地味に嬉しい。強いていうなら、一番左のペネレイトブラシは四角いタイプであってほしかった…。ただブラシもあるに越したことはないですし、馬毛ブラシ(真ん中)もあまりみないサイズ感のもので、小回りが利きそう

f:id:PE110:20200517203306j:plain

▲箱にはサフィール製品の宣伝とともにシューケア方法も書いてあって、スターターセットといった様相

で、結局まだ一度も使ってないという。すでにショーケア用品は持ってますし…。
まあでも基本どれも消耗品なので、今使っているものがどうしようもなくなったら使い始めようかなと思っています。

 

持っていない人はこういうセットから始めてみるのはいいかもしれません。紹介したのは引き出物ですけど、調べてみるとちょこちょこそういった商品はあったりするみたいです。

 

どこのメーカーをチョイスすればいいかわからないとかもあるかもしれませんが、とりあえず持っていないよりはマシなのでとりあえず買ってみることをオススメしますし、僕みたいに引き出物で見つけたなら実質タダ(?)ですから、革靴を一足でも持っているなら、この機会にシューケアを始めてみるのもいいかもしれませんよ。

 

 

にほんブログ村テーマ カメラと一緒にへ
カメラと一緒に

にほんブログ村テーマ 「☆☆写真ブログ☆☆」へ
「☆☆写真ブログ☆☆」

にほんブログ村テーマ 靴、シューズへ
靴、シューズ

 

 

 

自炊の復活とトングの話。

f:id:PE110:20200504000110j:plain

最近自炊を復活させました。

 

今の住まいに引っ越してから仕事の忙しさを理由に自炊を放棄して、フィルムの現像液とかの置き場所にしていたのですが、自粛期間で家にいる時間が増えたじゃないですか。それで近所のコンビニで毎食千円弱の買い物をしていた時に「これはちょっとバカバカしすぎる」と思い、即座にキッチンを料理ができる状態へと復旧させたんです。

f:id:PE110:20200503235928j:plain

f:id:PE110:20200503235912j:plain

f:id:PE110:20200503235835j:plain

f:id:PE110:20200503235822j:plain

f:id:PE110:20200503235809j:plain

f:id:PE110:20200504000248j:plain


学生時代は基本自炊で両親ともに料理をバリバリやる方だったので、キッチン用品は一式あるし知識もまあまあ。自炊を復活させること自体になんのアレもないんですが、単に自炊するだけだとっていうのもなんかモチベが上がんないので、料理の写真の勉強も兼ねようと。

だから、料理の準備とともに撮影機材の準備もするという不思議な自炊と化しています。

 

 

せっかく新たに自炊をスタートさせるんだからキッチン用品も見直そうと、鉄のフライパン、アルミパン、ご飯炊き用の土鍋、まな板も木製にわざわざ変えちゃったりなんかして、ほんと男料理のダメなところ全開にしちゃっているんですが、新たに購入した「トング」が想像以上のものだったのでご紹介しようかなと。

f:id:PE110:20200503235101j:plain

遠藤商事ってとこが出しているなんの変哲も無いただのトング。ただAmazonのレビューではかなりの高評価を受けていて、事実そのレビューに違わぬ優れモノなんです。

f:id:PE110:20200503235116j:plain

▲左2本がこれまで所有していたもの

お分かりの通り左2本は閉じた状態にできるんですけど、新トングにはそれが付いていません。はっきり言ってこの閉じる機能、トングにいらないんですよ。

使う時にいちいち解除させないといけないし、この手のものは大体最大まで開脚するんで片手でサッと扱えないんですね。無理に使おうとすると指挟んだりして結構痛い。

f:id:PE110:20200503235150j:plain

▲ストッパー付き、解除するとこんなに開きやがるんですよ。パッと置く時もとっても邪魔

取り分ける時だけでなく、炒める時の菜箸やフライ返しの代わりとしても使ったりとにかく出番が多いものなので、常に程よく開いている方が理にかなっているんです。しまう際には閉じる機能つきの方がいいかもですけど、どこかに掛けておく分にはあんまり関係ないかなと。

 

あと内側の構造ですね。

f:id:PE110:20200503235235j:plain
f:id:PE110:20200503235220j:plain

左みたいになっているもの多いんですけど、洗いづらいっていうか奥まったところはほぼ洗えないんです。使っていくと小汚くなるんです。

それに対して右のトングはフラットな一枚板なので難なく綺麗にできていつも清潔。

 

こういった形のトングは別にあるんですけど、特殊な形状だったり、オール金属の取り分けメインのものだったりして、こうした先端が耐熱樹脂のオーソドックススタイルのものって結構少ないんです。

f:id:PE110:20200503235206j:plain

トングとしての性能ももちろん高いです。鍋から直で麺を掴んでも最後の1本まできっちり掴んでくれますよ。

 

トングはオールマイティに活躍するキッチン用品の主軸。これが使いやすいものに変わるだけで料理も数段楽しくなるので、今のトングに不満を持っている方は見直してみては?

最近自炊再開させたやつが何言ってんだって感じですが(笑)、かつてはトングの使いづらさに要所で使っていなかったのに、今はほぼトングで賄ってます。使わないのはチャーハンとかそういう米の炒めものくらい?

 

さて、この自炊生活もどこまで続くのか。

とりあえずカレーを作るとなんか負けた気がするので、カレーはなるべく作らないのが今の目標ですね。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村テーマ カメラと一緒にへ
カメラと一緒に

にほんブログ村テーマ 「☆☆写真ブログ☆☆」へ
「☆☆写真ブログ☆☆」

写真素材のピクスタ

プライバシーポリシー お問い合わせ