にわかから始まる趣味のススメ

にわかに“面白かった”ことを写真とともにお届けしていきます。

ハンツマンとともにお届けする、革靴を買った時に行う最初のケアの話

 前回に引き続きカメラの話をしようかと思ったんですがイマイチまとまらなくてブログが一向に更新できないので(笑)、前々回の続きのような内容を。

 

f:id:PE110:20190813013905j:plain

pe110.hatenablog.com

 

レッドウィング 2015 ハンツマンですね。

前のブログでは衝動買いしてしまいました的な内容でしたが、今回はそんなハンツマンを使って、私なりの革靴の履き始めケアについてお届けしようかと思っています。

 

…と、その前にハンツマンがどんな革靴なのかディテールを紹介していきましょう!

f:id:PE110:20190813014044j:plain
f:id:PE110:20190813014053j:plain
▲箱から取り出してすぐの状態です。ぱっと見よくあるレッドウィングのハイカットタイプですが、穴の数を数えてみると…結構長いです

f:id:PE110:20190813014022j:plain

▲877と比べるとこんな感じで穴一つ分長い感じですね。たったこれだけですけど、これが履いてみると結構感覚が違ったりします。革の質感もあるかと思いますが…

f:id:PE110:20190813013954j:plain

▲経年変化でちょっとわかりづらいですが、一応このハンツマンはレッドウィングの定番モデルである877の先祖的なモデルの復刻らしい
f:id:PE110:20190813014012j:plain
f:id:PE110:20190813014004j:plain
▲なんとなく雰囲気が似ている感じもしなくもないですが、比べると靴を履くときの持ち手? みたいなものはないし、トゥーもハンツマンの方が先細になっていて結構違います。靴を履くときの持ち手、便利なんですよね…こういう靴を履くとき

f:id:PE110:20190813014033j:plain

▲ソールはベックマンのようなゴム製になっています。ただベックマンのものとは違うタイプのソールになっています

f:id:PE110:20190813013945j:plain

▲通常モデルのようにベロの裏に、ではなく、サイド内側に「2015」とナンバリングされているのも特徴ですね

f:id:PE110:20190813014102j:plain

▲紐は定番のもの以外に革紐も別途ついています。断然こっちにしたいところですが、馴染むまでは紐に負担がかかって最悪切れてしまいそうなので我慢。別の靴ですが、ベックマン系の平たいタイプの紐を引きちぎった経験有り

とこんな感じで、この猛暑が続く夏にはそぐわないモデルだし、ホールも多いし高さもあってなんだか履きにくそうな感じがするハンツマン。

確かに履きやすいとは言えませんが、履いてみると意外や意外、足への負担が少ないし結構歩きやすいんです。見た目もかっこいいですし、Twitterなどで履いている人をちょこちょこ見かけるのもうなづけます。

 

正直、こうした革靴って履くときよりも脱ぐときの方が面倒で嫌なんですよね…。

 

そんな意外なまでの歩きやすさもあって、4日間炎天下の中やたらと歩き回る(しかも結構アップダウン有り)鈴鹿8耐の取材の相棒をハンツマンに決めたのでした。

経年変化も一気に進みそうという期待も込めて。

f:id:PE110:20190813021328j:plain

▲やりすぎですかね(笑)。泥だらけ。ハンティングブーツということを考えれば健全か

f:id:PE110:20190813021340j:plain

泥だらけの状態から綺麗にして軽く磨いたのが上の写真です。

シワも入り部分的に茶芯が出ているところもあったりと一気に経年変化が進んだ感じ。もう少し履いたら新品とどれだけ変わったのか比較してみたいところです。

 

履きおろしのケア

靴は買った時が最上の状態…ではないみたいなんですよね。特に革靴は天然素材を使っていますから、時間が経てば油分も抜けていくし、埃を被っていたり。それを靴屋さんがわざわざ手入れをしてくれるなんてことはほとんどないでしょう。

 

なので、革靴は履く前にはなるべくケアをしてあげるのが良いです。

 

f:id:PE110:20190813014110j:plain

▲ケアに使うのはこちら。ブラシ3種にクリーナー、オイル、靴クリームを用意します

f:id:PE110:20190813014137j:plain

▲靴紐を取り外します

f:id:PE110:20190813014206j:plain

▲シューキーパーを入れます。フニャフニャしなくなって取り回ししやすくなります

f:id:PE110:20190813014217j:plain

▲馬毛ブラシでブラッシングして埃を落とします

f:id:PE110:20190813014236j:plain

▲固く絞った濡れ雑巾で拭きます

f:id:PE110:20190813014246j:plain

▲クリーナーで拭くとこんな感じで結構汚れているんですよねぇ

f:id:PE110:20190813014257j:plain

▲オイルを入れます。こうしたワークブーツにおいても結構否定的な意見が多いオイルですが、この靴自体2015年製でおよそ4年は全く何もされていないことを考えると少しでも油分を注入した方がいいのでは? と思い、今回はレザーコンディショナーで油分補給をさせました

f:id:PE110:20190813014306j:plain

▲レザーコンディショナーを塗布した状態。テカテカですね。30分ほど置いたら豚毛ブラシでブラッシングしてオイルを押しこんで拭き取ります

f:id:PE110:20190813014337j:plain

▲レザーコンディショナーだけだとツヤ感が少ないので靴クリームを薄く塗ってブラッシング、拭きあげを行います

f:id:PE110:20190813014349j:plain

▲これでケア終了です

 猛暑が続いてなかなか履く機会が少なそうですが、隙を見てどんどん履きこんでいきたいですね。

革靴は買った時よりも履きこんだ後の方が圧倒的にかっこいいので。

 

 

 

 

にほんブログ村テーマ カメラと一緒にへ
カメラと一緒に

にほんブログ村テーマ 「☆☆写真ブログ☆☆」へ
「☆☆写真ブログ☆☆」

にほんブログ村テーマ 靴、シューズへ
靴、シューズ

 

今年の鈴鹿8耐を訪れて懸念してしまうデジタルカメラの未来。

先日、鈴鹿8時間耐久ロードレースの取材に伺ってきました。

f:id:PE110:20190805023520j:plain

▲色々ありましたがカワサキが優勝しましたね。ヤマハ党の私は残念でしたが、納得の優勝でした。すごかった〜

今年の鈴鹿8耐は最後のてんやわんやばかりが取り上げられていますが、正直最後のオチはそれまでの怒涛の展開がわかってこそ際立つもので、それだけ語るのは非常にナンセンス。それぐらいとてつもないレースで、多分、今後も「令和最初の鈴鹿8耐はホントすごかった…」と語り継がれることでしょう。

 

…と、まあ鈴鹿8耐のことを色々と語りたいところですが、今回はバイクではなくカメラについて。

 

僕は取材班としてマスコミが集まるメディアセンターに4日間滞在していたのですが、そこで気になることといえば、こういう最高峰のレースの取材に来ているプロカメラマンたちはどんなカメラを使っているのか、ということ。

 

あんまりジロジロ見るのも微妙なので、あくまでふんわり眺めたざっくりとしたラインナップをお届けしてみようかなと思います。でも多分あんまり間違っていないと思います。

 

1.キヤノン EOS 1D X Mark 2

cweb.canon.jp

 

言わずとしれたキヤノンが誇るプロ機です。僕と一緒に取材に来たプロカメラマンのカメラもこれです。もうマスコミ全体の7割弱がキヤノンで、そのほとんどこの機種なんじゃないかと思うくらい見渡す限り1DX。

カメラシーンではミラーレス機が台頭していて、キヤノンは苦戦しているとのことのようですが、プロの現場では全然違いましたね。

 

 

じゃあ残りの3割がミラーレスかというと…。

 

2.ニコン D5

www.nikon-image.com

 

まあこれですよね。1DXに紛れて散見されたのはニコンが誇るプロ機D5でした。

残りのほぼ3割がこれです。大きい単焦点望遠レンズをつけている人は大体D5という具合。

現場には出張プロサービスが設けられていたのですが、来ていたのはキヤノンニコンだけ。去年も鈴鹿8耐の取材には行っていたのですが、変わらずでした。

 

3.ソニー α9

www.sony.jp

やっと来ましたミラーレスシーンを引っ張るソニーが誇るハイエンドモデルα9!

と言っても、多分α9かな…? という感じでして…ソニーのカメラは遠目だと9なのか7なのかさっぱりわからないんですよ。

ちょっとゴツゴツしてたっぽいから9じゃないかなぁと。

 

ということで、ようやく登場したミラーレス機。ほとんどが一眼レフという話をしましたが、一眼レフで見かけたのは上記2機種くらい。

それ以外はミラーレス機ということになるんですが、まあさっきの割合の話からお察しの通り…ほとんどいませんでした。その中でもまあ見かけたのがこのα9だか7だかで、2、3台くらい?(報道陣はおよそ100人ほど)。しかも望遠がついてた感じではないんですよね。ついていて200mmまでの望遠? あとはキヤノンのレンズがついていたり、そもそも動画用として持ってきていたり。でもあんまり稼働しているようには見受けられなかったですね。

 

あと、日本人よりは海外の人が持ってきている感じでした。

 

連写やAFに優れていると言われているソニーのカメラで、レースシーンには向いているというか、そういうシーンで使える性能が売りだったような気もするんですが、少なくとも鈴鹿8耐では大して使われていないみたいでした。

 

4.オリンパス E-M1X

olympus-imaging.jp

去年は私以外メディアセンターでは見かけなかったオリンパスのカメラですが、今年は一人いらっしゃいましたね(去年もどこかにいらっしゃったとは思うんですが…カタログのレースの写真がまさに鈴鹿8耐のスタートシーンだったので)。

 

たった一人ではあったんですが、ソニーのα9と違うところは、完全にメイン機で使われていたこと。その人はE-M1X3台持ちで、300mmF4、40-150F2.8、12-100F4をつけておられましたね。

以前のイベントで発表になっていた100-400があったらなぁって思っていただろうなぁ〜なんて想像してみたり。

話かけたかったんですが相手も仕事で来られているし、ビブス持ちの常連取材班の方だったので、そうじゃない僕としてはなかなか…。

 

鈴鹿8耐みたいなレースの取材では、経験値と実績によって取材班にランク付けがされて、それによって取材できる範囲も変わってくるんです。

ビブス持ちはレース取材を生業としている方がほとんど。スポット的に取材を行なうような僕らみたいな人たちには当然渡してくれることはありません。

かなり厳しいです。

 

5.富士フイルム X-T3

fujifilm.jp

めちゃくちゃ意外だったのがこの機種。X-T3になって随分マシになったと所有しているカメラマンからは聞いていたものの、正直AFにはあまりいいイメージのない富士フイルムのカメラを使っている人がいたなんて驚きでした。


あのグリーンがアクセントの白レンズを持ってらっしゃいましたよ。ただX-T3をメインで使われていたかはちょっとわかりませんでした。

 

 

以上となります。

 

よくわからない人からすれば「鈴鹿8耐なんていう三重県でやっている“草レース”でこうだったからってなんなんだ」って話に聞こえるかもしれないですが、鈴鹿8耐はバイク耐久レースの世界戦の最終戦に当たるもので、ここでその優勝が決まる上に、鈴鹿8耐に優勝したチームはそれとは別にちゃんと表彰式が設けられるくらいの特別なレース。大げさかもですが、世界で注目されるワールドクラスの舞台なんですね。

 

また、取材環境の悪さもトップクラスで、気温が真夏の30度以上で影もないアスファルトの近くだから体感温度はそれ以上。今年は台風が直撃しましたが、そうした突然の雨の中でもきっちり連写して時速約300キロで走ってくる大量のバイクを捉えないといけません。

 

そういう世界最高峰かつ最悪環境の舞台を取材をするにあたって選ばれるカメラというのは、それだけの性能と何より信頼性が認められたもの、ということになります。

その中にあったミラーレス機はたったの5台。見落としていたとしても2桁は言っていないでしょう。

 

2020年には東京でオリンピックが催され、これからはミラーレス機の時代で、オリンピック会場にはミラーレス機が多く見られ、キヤノンニコンだけでなく、もしかしたらソニーのミラーレス機が目立ったりするのでは? なんていうことを語っていた人もいらっしゃってましたが、今年の鈴鹿8耐を見る限り、よりシビアなオリンピックという舞台でそうなるかというと…夢物語かなぁ。

 

もはやカメラ市場を支えているのはプロではなくハイエンドアマチュアで、そういう人たちからはミラーレス機は大きく支持を受けているかもしれないですけど、やっぱり世界的な大舞台で使われているか否かの影響は小さくないと思います。

 

加えて、「デジカメinfo」にこういった記事が載っていました。

digicame-info.com

この件に関しては別の機会に書きたいなぁとは思ってますけど、まあそうだよねっていう肌感は以前からありました。

今回お話したプロの現場もまさのその一端と言えるでしょう。

 

本当にカメラはミラーレス機がメインになっちゃうんですかね? そしてその選択は果たしてカメラシーンの将来にいいことなんでしょうか…?

 

来年の鈴鹿、またオリンピックの状況が俄然気になるところです。

 

にほんブログ村テーマ カメラと一緒にへ
カメラと一緒に

にほんブログ村テーマ 「☆☆写真ブログ☆☆」へ
「☆☆写真ブログ☆☆」

 

限定モノに出会う喜び。買う喜び。そして履く喜び。〜レッドウィング 2015 ハンツマン〜

f:id:PE110:20190727004910j:plain

またやっちゃいました…レッドウィングが一足増えてしまいました。

 

今回買ったのは知る人ぞ知るレッドウィング110周年を記念した限定モデル「2015 ハンツマン」です。

最近気温がグングン上がってきて、これから迎える夏本番には全くマッチしないタイプの革靴で最高ですよね(笑)。

 

革靴をメインに履くようになって常に新しい一足を探している毎日ではあるものの、先日デジタルカメラで多額の買い物をしてしまったので、しばらくは物色するに留めて、来たるべき日に向けて舌なめずりをし続けようと思っていたのですが…出会ってしまったんですね…。

 

今持っているラインナップから考えて、次買うならどういうものがいいのか。

1.短靴

2.茶芯

3.フラットボックスタイプ

4.mil1

こんな感じで楽天市場ヤフオクを眺めていて、そうなると大体ターゲットが決まってきていて、あとは自分の財力とタイミングとの相談になってくるんですけど、ここでイレギュラーな要素が入ってくるわけです。

 

“限定モデル”

 

ここ2、3年でハマったような人間にとって限定モデルは、もはや市場在庫に頼るしかないので数も少ないし価格も高め、しかも靴なのでサイズも限定されるしで、より手に入れることが難しいものだったりします。

革靴に限らず、靴って特に出会いの要素が強いものだと思うんですよね。

 

そうしたら突如ヤフオクに現れたんです限定モデル「ハンツマン」が! しかも少しお買い得な値段…! 新品とは歌っていないけれど未使用とは書かれている…!! 

 

これもう完全に出会っちゃってるじゃん? と、自分を騙くらかして争うことなく敢え無く購入。

 

ハンツマンは履いている方を結構見かけていて、もともと欲しいと思ってはいたんです。でも先にも述べたように条件がなかなか。

いつか履けたらいいなぁと思っていた程度だったのに…限定モデルの後押し恐るべし。

f:id:PE110:20190727013026j:plain
f:id:PE110:20190727013036j:plain

限定モデルと聞くと履くのが勿体無い気もしなくもないのですが、売る気もないのに履かずにとっておく方がもっと勿体無いし靴にとっても良くないと思い、速攻で履き始めのケアを行って、晴れた日を見計らって履きおろし。

約4日間に及ぶ取材のお供に選んで一気に慣らしていこうとしている真っ最中です。

 

炎天下の中かなり歩き回る取材なので、帰ってきたころには男前が上がっていることでしょう(靴だけ)。

 

購入間もない革靴で歩き回るロケってかなり危険な感じがしますが、今回購入したハンツマンは革質こそ硬いものの、足の甲を覆うベロの部分は柔らかくタッチは上々。

左足小指にアタリがあってちょっと痛いですが、そこまで深刻ではないです。

見た目とは裏腹に結構歩きやすいんですよね。ヒール付きになりますが、ヒールの高さが若干低いからかもしれないです。今度他のモデルと比較しておきたいところ。

 

ちなみに、今回購入したハンツマンは幅が少し広めのワイズE。普段はワイズDなのでそこが最後まで引っかかっていました。

でも、とあるショップサイトでハンツマンはワイズEでも幅狭めというのを見かけて、実際に履いてみると確かにそんな感じ。多少空間に余裕さを感じるけれど、ホント気持ち程度。

 

購入する場合には一つワイズをあげたモデルをチョイスすることを考えた方がいいかもしれませんね(あくまでも私感ですが)。

 

 今後外観の詳細や、買ったばかりの靴のケアについてお届けできたらと思っています。

 

 

にほんブログ村テーマ カメラと一緒にへ
カメラと一緒に

にほんブログ村テーマ 「☆☆写真ブログ☆☆」へ
「☆☆写真ブログ☆☆」

にほんブログ村テーマ 靴、シューズへ
靴、シューズ

写真素材のピクスタ